02 交通コンサルティングプロジェクト 全国の移動データを地方創生の起爆剤に

ナビタイムジャパンが誇る“交通ビッグデータ”を活用し、
お客様を課題解決に導く、交通コンサルティング事業。
その事業をもう一歩前に進める挑戦となった「道路プロファイラー」。
分析・加工が難しいとされている交通ビッグデータの可視化を実現した
二人のメンバーにエピソードをお聞きしました。

  • Eriko

    2011年 新卒入社
    理学部情報科学科卒

  • Shun

    2014年新卒入社
    工学研究科 都市・科学専攻修了

交通ビッグデータを、
多くのお客様に活用いただくために。

Shun:“NAVITIME”と聞いて、皆さんがまずイメージされるのが、トータルナビをはじめとするコンシューマー向けサービスではないかと思います。実際、当社は、電車やクルマなどさまざまな移動手段を合わせて最適な経路を提示する“トータルナビゲーション”という独自技術により、20年近くにわたってユーザーの快適な移動を支えてきました。

Eriko:同時に、移動に関するさまざまなデータを蓄積してきました。交通コンサルティング事業は、「移動に関するビッグデータを、社外のお客様のためにも活用していこう」との考えから立ち上がったと聞いています。立ち上げ当初は営業1名、開発1名の小さなプロジェクトだったのが、その翌年には事業部化。今では、交通業

Eriko:同時に、移動に関するさまざまなデータを蓄積してきました。交通コンサルティング事業は、「移動に関するビッグデータを、社外のお客様のためにも活用していこう」との考えから立ち上がったと聞いています。立ち上げ当初は営業1名、開発1名の小さなプロジェクトだったのが、その翌年には事業部化。今では、交通業界や土木業界、自治体など、幅広いユーザーにデータをご活用いただけるようになりました。

界や土木業界、自治体など、幅広いユーザーにデータをご活用いただけるようになりました。

Shun:膨大なビッグデータを道路交通分析や観光分析、マーケティングなどに活用することで、お客様の様々なニーズに応えることができます。地域活性化や観光客誘致などを目的に当事業部のサービスを求める自治体も多く、非常に社会性の高い事業と言えます。私自身、当社が地域や国という大きな視点から移動の最適化について考えている点や、社会貢献度の高さに惹かれたことが、入社の決め手なっています。Erikoさんは当社に入社後、エンジニアとして経験を積んで来たんですよね。

Eriko:経路探索エンジンなどのコア技術に関わるプロジェクトのマネジャーを務めてきました。「コア技術を活用して、さらに多くのお客様のニーズに応えたい」という気持ちが高まったことから、自ら希望して交通コンサルティング事業部に異動した経緯がありま

Eriko:経路探索エンジンなどのコア技術に関わるプロジェクトのマネジャーを務めてきました。「コア技術を活用して、さらに多くのお客様のニーズに応えたい」という気持ちが高まったことから、自ら希望して交通コンサルティング事業部に異動した経緯があります。以来、営業・企画担当として、お客様のニーズを吸い上げ、課題解決に繋げてきました。ビッグデータの提供にあたっては、当社で加工・分析し、レポートの提出を行うケースもあれば、お客様自身でデータをご覧になられるようなこともありました。このような状況の中、「お客様にも活用いただける汎用的なツールを作ってはどうだろう」という意見が社内で出るようになり、「道路プロファイラー」の構想が立ち上がりました。

す。以来、営業・企画担当として、お客様のニーズを吸い上げ、課題解決に繋げてきました。ビッグデータの提供にあたっては、当社で加工・分析し、レポートの提出を行うケースもあれば、お客様自身でデータをご覧になられるようなこともありました。このような状況の中、「お客様にも活用いただける汎用的なツールを作ってはどうだろう」という意見が社内で出るようになり、「道路プロファイラー」の構想が立ち上がりました。

Shun:交通ビッグデータの加工・分析は空間演算や時系列解析などの技術が不可欠で、さらに、交通ビッグデータならではの特性を考

Shun:交通ビッグデータの加工・分析は空間演算や時系列解析などの技術が不可欠で、さらに、交通ビッグデータならではの特性を考慮する必要もあります。だからこそ、「道路プロファイラー」の構想を聞いた時は大きな感銘を受けました。汎用的なツールがあれば、専門的な知識がなくても交通ビッグデータの分析を気軽に行っていただくことができるからです。

慮する必要もあります。だからこそ、「道路プロファイラー」の構想を聞いた時は大きな感銘を受けました。汎用的なツールがあれば、専門的な知識がなくても交通ビッグデータの分析を気軽に行っていただくことができるからです。

Eriko:社内で構想が生まれたのが、2017年の3月。その1か月後には、Shunさんが自ら名乗りを上げて本プロジェクトに参加してくれました。6月にプレ公開を控えていたので、急ピッチで開発を進めていきました。

リリース後も新機能を追加。
さらに進化する「道路プロファイラー」。

Shun:「道路プロファイラー」はWeb上で道路交通流を分析できるシステムです。車の交通流をクリックするだけで可視化でき、道路の平均通過速度や車の流入流出経路などを分析することができます。つまり、簡単な操作と可視化によるわかりやすい表示に特徴があります。まずはメンバーと意見交換をして技術的に可能かどうか検証していったのですが、最後まで懸念事項として残ったのがパフォーマンスの問題でした。ビッグデータの分析にはたくさんのマシンリソースを使用します。それをWebからの複数のユーザーに対しても同時に分析できるようにパフォーマンスを改善する必要がありました。

Eriko:ビッグデータの処理に時間がかかることは容易に想像できる

Eriko:ビッグデータの処理に時間がかかることは容易に想像できると思いますが、それを1分足らずで集計してしまう、そこにも大きな価値があると考えていました。「道路プロファイラー」で扱っているデータは、ナビタイムのカーナビアプリから得られる走行実績データです。走行実績データは提供実績も多くあり、過去の経験から、どのような形式であればお客様にとって利用しやすいかといった知見が社内で蓄積されていました。これらのニーズから要件を取捨選択して、機能に反映させていきました。6月の土木計画学会で、プレ公開。想像していた以上に反響が良く、特に道路事業者の方々が高い興味を示してくださいました。「Web 上で交通ビッグデータを分析することができるんだ」という驚きの声もよく聞きました。

と思いますが、それを1分足らずで集計してしまう、そこにも大きな価値があると考えていました。「道路プロファイラー」で扱っているデータは、ナビタイムのカーナビアプリから得られる走行実績データです。走行実績データは提供実績も多くあり、過去の経験から、どのような形式であればお客様にとって利用しやすいかといった知見が社内で蓄積されていました。これらのニーズから要件を取捨選択して、機能に反映させていきました。6月の土木計画学会で、プレ公開。想像していた以上に反響が良く、特に道路事業者の方々が高い興味を示してくださいました。「Web 上で交通ビッグデータを分析することができるんだ」という驚きの声もよく聞きました。

Shun:プレ公開の2か月後、本機能と同じものを公開。実際に使用しての感想を広くいただき、その後の開発に反映させていきました。実は、リリースの2週間ほど前、車内のクラウド担当の社員から「アップデータの集計を高速かつ簡単に扱えるクラウドサービスがリリースされた」との情報を得ました。リリースまでわずかな時間

Shun:プレ公開の2か月後、本機能と同じものを公開。実際に使用しての感想を広くいただき、その後の開発に反映させていきました。実は、リリースの2週間ほど前、車内のクラウド担当の社員から「アップデータの集計を高速かつ簡単に扱えるクラウドサービスがリリースされた」との情報を得ました。リリースまでわずかな時間しか残されていませんが、この技術を採用すればパフォーマンスの問題が解決します。社内でも意見が分かれましたが、リスクを取ってでもやるべきだとの判断が出て、システム変更に至りました。クラウドサービスとオープンソースソフトウェアを組み合わせることで完成したこのシステムは、技術的に高い評価をいただきました。

しか残されていませんが、この技術を採用すればパフォーマンスの問題が解決します。社内でも意見が分かれましたが、リスクを取ってでもやるべきだとの判断が出て、システム変更に至りました。クラウドサービスとオープンソースソフトウェアを組み合わせることで完成したこのシステムは、技術的に高い評価をいただきました。

Eriko:こうして2017年10月2日、「道路プロファイラー」のリリースを迎えました。無事にリリースにこぎ着けることができたのは、私たちプロジェクトのメンバーだけでなく、社内のさまざまなスペシャリストの協力を得られたからこそです。

Shun:私も同じ気持ちです。リリース後のアクセス数を見て、「多くのユーザーに活用いただいている」と 感無量の気持ちになりました。リリース後大きな問題が見つかることもなく、むしろ「次はこういう機能を入れよう」といった前向きな意見が多く出たのが印象的でしたね。

Eriko:リリースの1か月後には、道路の渋滞状況を分析・可視化できる「リンク別旅行速度」機能を追加。「道路プロファイラー」のインバウンド版も作ろうということになり、2018年7月18日に訪日外国人動態分析システム「インバウンドプロファイラー」の提供を開始しました。

Shun:「道路プロファイラー」を多くのお客様に活用いただくことで、交通課題の解決の一助となれる。これは、ナビタイムジャパンだからこそできる社会貢献のあり方だと感じています。「道路プロ

Shun:「道路プロファイラー」を多くのお客様に活用いただくことで、交通課題の解決の一助となれる。これは、ナビタイムジャパンだからこそできる社会貢献のあり方だと感じています。「道路プロファイラー」は社外のお客様だけでなく、社内でも大きな反響があり、本プロジェクトに携われたことを心から誇りに感じています。

Shun:ファイラー」は社外のお客様だけでなく、社内でも大きな反響があり、本プロジェクトに携われたことを心から誇りに感じています。

Eriko:私も同じ気持ちです。エンジニアとしてキャリアを積んできた私が、交通コンサルティング事業部に異動後は営業・企画担当としてフロントラインに立ち、多くのお客様の課題を受け止めてきました。「こんな機能があったら」という私たち営業・企画の声に対して、Shunさんをはじめとする開発メンバーがその技術力をもって応えてくれたのがとても頼もしかったですね。

Shun:ありがとうございます。エンジニアやデザイナー、営業など、メンバーがその専門性をフルに発揮しながら一つのプロジェクトを完遂していく――これは自社開発を行っている当社だからこそ実現できることだと思います。ナビタイムジャパンの社員として、今後も社会改善や社会貢献につながるシステムの開発に携わることができたら嬉しいですね。

Eriko:リリースして間もないので、まずは引き続きユーザーの意見を採り入れながら、さらに良いシステムにしていきたいですね。「道路プロファイラー」や「インバウンドプロファイラー」があれば、専門的な知識や技術がなくても、目的に応じた分析を行うことができます。これらのツールをお客様に活用いただくのはもちろん、私たちも積極的にお客様の課題を吸い上げていき、さまざまな社会問題の解決に貢献できたらと願っています。

  • PREV
  • NEXT

pageTop