研修制度・社内制度

ナビタイムジャパンでは、実務で必要とされる「テクニカルスキル」や「専門知識」の習得はもちろん、
仕事を円滑に進める上で欠かせないマナーやビジネススキル、ビジネスマインドなどの
「ヒューマンスキル」の向上を目指した研修にも力を入れています。

新卒入社

  • 内定者研修

    内定者を対象に行う研修です。
    内定者全員が集まり、会社についての理解や入社までの不安を取り除くことを目的としています。

  • 新入社員研修

    新入社員を対象に入社直後に行う3ヶ月間の研修です。
    ビジネスマナーをはじめ、社会人として基本的なビジネススキルを学びます。また、先輩エンジニアが講師となり、開発未経験者でも理解できるように基本的な技術を学びます。この研修を通して、Webコンテンツやアプリが開発できる力を身につけることができます。

  • 6ヶ月フォローアップ
    ビジネススキル研修

    新入社員を対象に入社半年後に行う研修です。
    入社後半年は、配属されて3ヶ月目です。この3ヶ月で業務の進め方や考え方などを振り返り、課題や悩み、不安を解消していきます。

  • 2年目フォローアップ
    ビジネススキル研修

    新入社員を対象に入社後2年目で行う研修です。
    個人が組織の中でどのように行動することが必要かを再確認します。

  • 3年目フォローアップ
    ビジネススキル研修

    入社して3年目で行う研修です。
    入社からこれまでの業務を振り返って、今後のさらなるステップアップを考えていきます。

キャリア入社

  • キャリア入社時研修

    中途入社者を対象に入社直後に行う研修です。
    配属先に合わせて、自社サービスの理解を目的に行います。

  • ビジネススキル研修

    中途入社者を対象に行う研修です。
    業務の進め方や考え方などを振り返って、個人の課題や悩み、不安を解消していきます。また、会社で求められる考え方や行動を再確認します。

対象者限定

  • キャリアデザイン研修

    中堅社員を対象に行う研修です。
    今までのキャリアを自己点検し、今後のキャリアを考えていきます。

  • 営業職研修

    営業職を対象に行う研修です。
    コンサルティングセールス・顧客戦略立案・条件交渉スキルについて、ロールプレイングを交えながら学習します。

  • プロジェクト
    マネージャー研修

    プロジェクトマネージャーや営業職を対象に行う研修です。
    実習を通して、チームビルディング・コミュニケーション強化・組織やプロジェクト運営に必要な要素や、企業活動の本質について学びます。

  • 上級管理職研修

    上級管理職や上級管理職候補に対して行う研修です。
    部下の育成やマネージメントスキルなどの、管理者として必要なスキル向上を目的としています。

その他の取り組み(全社員対象)

  • ナビタイムカレッジ
    (講演会)

    社外の方をお招きして、技術や業界動向や企業文化など、様々なテーマに添って講演していただきます。

  • 社内勉強会

    社員が講師となり、様々なテーマに添って講演します。テーマは最新技術や社内の技術、ビジネスの話など多岐にわたります。

ナビタイムジャパンでは、さまざまな制度を通して 社員一人ひとりが自ら考え、
活発にコミュニケーションをとり、積極的に挑戦できる環境、
それぞれに合った働きやすい環境づくりを進めています。

  • ナビタイムチャレンジ

    社歴・所属に関係なく、社員なら誰でもアイデアを直接役員に提案できる制度です。新サービスや新事業、機能改善などのサービスにかかわる提案から、新しい社内制度や業務改善の提案、研究開発や技術調査など新しい取り組みの提案まで、会社やサービスをより良くするアイデアを定期的に募集しています。実際に新卒入社1年目の社員の企画から新サービスがリリースされるなど、この制度によって多くのアイデアが実現されています。

  • アイデアソン

    特定のテーマに対して興味を持って集まったメンバーが、ワークショップ形式で課題解決につながるアイデアを出し合い、議論を通してまとめた内容の発表、審査までを集中して行う定期的なイベントです。短時間でアイデアを具体的な形にまとめることができ、社員同士のコミュニケーションの場としても活用されています。

  • 発明・考案奨励制度

    社員が考えた従来にない機能や価値を生むアイデアに対して、積極的に特許・意匠出願し奨励金を支給する制度です。この制度によって、優れた発明・考案を保護すると同時に、課題解決のためのより良い方法を探し、より良いサービスを提案したいという社員のモチベーションにもつながっています。

  • ジョブチャレンジ

    社員のキャリア形成を支援する仕組みとして、希望する職務への異動を申し出ることのできる制度です。 新しいフィールドへのチャレンジだけではなく、異なる視点からの知識を吸収し、現在の業務に活かすなど、制度の活用目的はさまざまです。 社員が長期的に、生き生きと働くための「環境づくり」の一環として、キャリアを自分自身で考え、職務選択の自由度を高め、積極的にチャレンジすることを支援しています。

  • 技術トレーナー制度

    個人の技術力向上を目的として、専門的な技術がある社員がトレーナーとして、家庭教師のように1対1で教育・支援する制度です。社内で使っている技術が対象になります。新しい技術を磨きたい、現在の技術力に自信がない、異動して間もないので知識がほしいなど、社員が希望を出せば誰でも活用できます。

pageTop